CADはこんなに役に立つ!今では当たり前

CADとは何でしょうか

CADとは、Computer Aided(またはAssisted) Designの事です。今では、設計事務所では当たり前に使用されていますが、少し前まで、大部分はドラフターを使った手書きでした。CADを取り入れるとなると初期費用はとても高額でした。現在では、オートキャドだけで無く無料でダウンロード出来るjwwCADも広く使われています。

CADによる製図の書き方について

手書きの製図では、線を引く時製図用ペンシルの先をとがらせて均等な細い線を引けるよう練習をしたものですが、CADにそのような努力は不要でしょう。均一な線は誰でも引くことが出来ます。味のある線等というものは、遠い昔の話になります。寸法などの数字や文字を入れる際も、設定するでけで、均一なキレイな数字や文字を入れることが出来ます。また、図面は一度ですんなり認可されることは少なく、何度も修正が必要になりますがCADの大きな利点として修正が簡単と言う事です。選択して消去すれば、すぐに消えます。それも全く後も残らずキレイに消せます。

必要な部分だけを残して消しさえすれば、その上からすぐに記入出来ます。

CADのデータ管理は慎重に

先ほども消去が簡単と記しましたが、データを確り管理しておかないと大変な事になります。作業中は、少し作業を進めたら保存という手順を忘れずにしておかないと何かの拍子にデータが消えてしまいそれまでの作業が全く無駄になってしまうこともあります。出来上がった図面は、メモリーやCD-ROMに保存し、元本として管理します。

それは、何度でもプリント出来ますし、データをパソコンに取り入れさえすれば、また修正も出来ます。

水道CADがあれば、上下水道の申請書や図面、見積もりなどの作成の手間を大幅に省け、業務効率を向上出来ます。それだけでなく、初心者の方も覚えるのに苦労することなく直ぐに扱えます。