BCP対策って知っていますか?企業にとっては重要ですよ

BCP対策を説明します

日本は地震国家ですのでいつ大地震が発生するかわかりませんよね。そのような大災害になったとき、企業の事業をいち早く復旧させるために計画を立案しておくことをが重要です。その計画立案がBCPで事業継続計画といいます。BCP対策とはその計画にしたがってあらかじめ復旧の準備をしておくことをいいます。BCP対策は企業間の取引条件の一つにもなっており、取引先企業は納入元の企業にBCP対策を十分に行うように要求することもあります。これは日本ばかりでなく世界中に広まってきています。いずれにしてもBCP対策はすべての企業にとって需要な課題であることに間違いありません。

BCP対策で必要なこと

大災害が発生したとき一番需要なのは社員や家族の命を守ることですよね。BCPで真っ先に立案しなければならないのが、人命の確保と連絡網の確立についてです。社員あっての企業ですから、社員の安全を確保することが最優先です。工場の耐震診断や補強工事と設備の固定などは必ず実施するべきでしょう。それから、もしもの時用に水と非常食の備蓄も必要ですよね。今は災害時用に賞味期限の長いものが販売されているので、自宅でも用意しておきたいですね。災害の時に問題なのが、道路の寸断や水道・ガス・電気などのパイプラインの寸断です。これらが復旧するのには時間がかかることが予想されます。発電機の準備や燃料の備蓄も必要ですね。災害は発生しないことを祈りますが、いざという時のためにしっかりした計画をたてて準備し、訓練をしておきましょう。

BCP対策とは、天災等の際でも自社の重要な業務を継続できる様にする積極的な対策の事を言います。致命的な業務の中断を防いで自社や関係取引先に損害が出ない様にする積極的な対策の事です。