お墓の管理で悩んだら?墓じまいも考えよう

お墓の管理が難しくなる理由

大切な先祖を供養するお墓はいつまでも大切に管理していきたいですが、その管理がままらなないと悩む人も少なくありません。お墓の管理が難しくなる原因としては、まず後継者がいないということがあげられます。そして後継者となる子供や孫がいる場合も遠方で住んでいるとなると、頻繁にお墓参りや管理をすることは難しいと言えます。そこで注目されているのが、墓じまいです。お墓が長く手入れされず放置されるのは心苦しいものがありますが、墓じまいをすることでそうした悩みも解消されます。墓じまいの方法は、まず現在あるお墓を撤去し遺骨を永代供養墓地などに移転させることを指します。お墓を処分する際も勝手な判断で決めてしまわず、まずは親族や寺院に相談し、最適な方法を選んでいきましょう。

墓じまいにはどれぐらいの費用が必要か

お墓は作るときもそれなりの費用が発生しますが、墓じまいの際もお金が必要となりますので、その費用や相場を知っておきましょう。まず、墓じまいを行う場合も必要書類を揃えることとなりますので、その費用が発生しますし、寺院に魂抜きや開眼供養などの儀式も依頼することとなりますので、その分のお布施も必要です。さらに遺骨を別の場所に移す際には離檀料も必要となりますし、お墓の解体や撤去、さらに墓地を更地にする工事用も発生します。この他では移転後の墓地での納骨や法要にかかる費用も掛かりますので、トータルでは結構な出費となってしまうこともあります。墓じまい後の遺骨の行き先としては、菩提寺による永代供養や納骨堂など様々な種類がありますが、最近は海や山への散骨を選ぶ人も増えてきました。

先祖の墓をその名の通り引き払うことです。近年では高齢化や近代化の影響で昔ながらの墓守も難しいのが現状です。墓の世話が負担となり、やむなく墓じまいというケースが増えています。