試作品も不要に!?図面で正確なイメージが掴めて効率の良い設計方法

手書きからコンピューターソフトでの製図へ

建築や工業、土木などの業界では、設計図を基に製造や建築が行われます。製図は様々な決まりを基に線が引かれていますので、書き手はもちろん読み手にも製図の知識が必要です。
元来設計図は全て手書きで行われていましたが、1960年代にアメリカで考案された製図システムを元に、次々と様々な機械系・建築系CADソフトが開発されていきます。CADを使うことにより、設計効率が上がると共に、正確さも向上しました。また設計図をデジタル化したことによって、取引先にメールで送ることができるため、時間のロスを防ぐことにもつながっています。

2Dから3Dでイメージが具体化

近年では3DCADも開発され、事前に作るものを立体化して明確なイメージ図が作成できるようになりました。製造業の場合は特に、設計から解析・シュミレーションを経て製造へ入りますから、CADと構造解析もできる3DCADを併用すれば、設計ミスを防げてコストを下げることもできます。
例えば設計段階で製品の材料費を割り出すための体積を計算することも可能ですし、振動を受ける製品を作る際に大事な重心位置を割り出すことも可能です。さらに試作品が完成する前に画面上で解析を行えるため、早い段階で設計品質を高めるフロントローディングに繋がります。

CAD導入にはそれなりのコストがかかる

設計図をすぐに修正できるのは、CADの大きな魅力です。設計図を手書きで書くことのメリットは、ほとんどないと言えるのではないでしょうか。
ただ、CAD及び3DCADを導入するには、それなりの投資が不可欠です。ソフトを購入する費用だけでなく、保守費用や専用のパソコン、人材教育費などがかかることもあります。

電気CADとは、配線図面を製図・設計する際に使用される専用のソフトウェアです。使用することで、手書きで行うよりも人為的なミス・作業時間を大幅に削減でき、正確で綺麗な図面が作成できます。