LED照明のこの部分が強み!使用したくなる魅力とは

耐用年数が長いだけではない費用対効果の良いです

どこにでもあるような蛍光灯と照らし合わせると商品の購入価格がやや高い事でLED照明へと替える事を迷っている声もよく耳にします。しかしながら、LED照明に関しては蛍光灯、あるいは白熱球と対比して高いコストパフォーマンスとなっています。 LED照明の耐用年数が非常に長い事は知られています。蛍光灯約6000~1万時間、さらに白熱球約1000~3000時間と言われていますが、LED照明につきましては、約4万~6万時間と何倍も耐用年数が非常に長く買い代えるスパンを考えに入れると高い購入販売価格でもリーズナブルです。 消費電力に関しても蛍光灯の約12W、白熱球の約60Wと照らし合わせると約8Wですから毎月払うことになる電気料金の節約にも結びつきます。

紫外線が含まれていない事に因る利点

LED照明に関しては、紫外線をほとんど含まれていないといった特性が存在します。 紫外線そのものが放出されない事によって書籍、あるいは美術品の劣悪化を大きくセーブする事が可能となっています。愛着がある美術品等をLED照明を利用することによって照らして、そして鑑賞してエンジョイしている人も数多くいらっしゃいます。それに加えて、春のシーズンから夏場にかけて思い悩んでいる方が非常に多い、光へと群がる虫に関してもLED照明へと替える事によって克服する事が出来ます。虫につきましては光ということではなく紫外線によって引き付けられています。紫外線が生じないLED照明に替えるだけにより夏場に虫そのものが部屋の中に入る心配する事なく、窓を開け空気の入れ替えが実行できます。

LEDライトパネルとは、白色LEDをパネルの側面に使い、パネルをライトアップさせる物です。ライトアップしているパネルで広告への関心を高め、集客率を高める目的で作られています。